ひょっこり

10月のある平日

娘の小学校の図書ボランティア活動日。
もうすぐバザーということで、図書ボランティアの出展準備。


この図書ボランティアに限らず、娘たちが幼稚園の頃から、役員活動に参加しているもんだから
ママ友には、いつも学校にいるよね~
なんて言われる事も少なくない。


いやいや、流石にいつもはいないよ。
タダヨガにだって行ってるし、ネイルサロンだってやってるし。
多くても週1だよ。…今週は2回
か。


イメージってのは人によって様々。
『いつも』の感覚も人によって様々。


見ていなくてもイメージ膨らませて、その人(モノ)を作り出す。
ほぼ毎日をいつもと思う人もいれば、週1をいつもと思う人もいて。


その人にとっては、そうなんだ。


たったそれだけの事なのに、周りの目や評価、噂話しに翻弄される。


私もありました。


いつもいるよね~
学校大好きなの?
役員なんてよくやるよね~


役員は嫌々やるもの。
という多くの声に怯えて
とってつけたように
誰かがやらないとね、○○さんに誘われたからさぁ。
なんて、やりたいと思った自分の気持ちに蓋して答えてたっけ。


今はそう言われても


『好きよ。楽しいからね。』


と、自分に正直に言葉に出せるようになりました。


たまには昔の自分がひょっこり顔出しますけどね(^^)


その度にひょっこりをドードーとなだめながら、正直なとこどうなんだい?と自分と会議しております。


さて!
子供たちー!バザーで待ってるよっ!