私とヨガ


私がヨガを始めたのは 
どん底を味わったわけでもなく、健康のためでもなく

何となく変わりたい、と思っていた自分の何かが見つかるかも!
ピラティスもやってるし、できるでしょ♪

そんなゆるい気持ちでした



ところがいざ始めてみると、
できないポーズばかり、、、


ピラティスインストラクターという私のプライドは
あっと言う間にズタボロに


恥ずかしい→悔しい→負けたくない→

きっと練習が足りないからだ!

そんな思考パターンに翻弄され

上手になるために
自分で決めたメニューを淡々とこなす毎日

義務に成り下がったヨガが
どんどん楽しく無くなっていきました

  

あるとき、ふと

ヨガを単なるエクササイズとして捉えてやっている状態に

ヨガさえ『頑張って』やってれば大丈夫、全て好転するはず、、と

頑張って手にすることに慣れていた私は

ヨガに全てを求め過ぎ
色々な思考のマイルールにしばられている自分に気が付きました


ヨガは自分との対話
人と比べるものでもなく
がむしゃらに頑張ってやる筋トレでもない


そう気づいてから

やりたいときに
やりたいポーズを
やりたいだけ

やらない日があってもいい
無理をしない

今日はどう?
ふーん、こんな感じなの
そっか、疲れてるんじゃない?
じゃ、今日はヨガはいいから
寝ちゃおっと

なんて具合に頑張るのをやめました

そうした途端に
できなくて四苦八苦していたポーズがすんなりとれるようになったり
気持ちが穏やかになり『人は人』とココロに余裕もできるようになっていきました

今、ヨガは私のココロとカラダにとても優しいモノになっています。

できていることに
意識を向けて
感じてあげる

一つ一つゆっくりで大丈夫
『できない=悪いこと』
ではない

私は私でいい!

ヨガはそんなことも気づかせてくれます^_^



ピラティスインストラクター&ボディケアセラピスト
✰すず✰