ひたむきに自分を生きろ


先日、志帆先生主催のWSへレセンプションとして参加して参りました。
私がなぜヨガを続けているのか、ここでもう一度整理しておきたいと思いましたので、ここで書かせていただきます。

ヨガを始めた当初の私は、子育てに消耗しきっており、
週に一度のヨガレッスンの時間だけが
唯一自分のことだけを考えて過ごせる、ご褒美のような、とても贅沢な時間となっていました。
家族優先の生活を当たり前に続けながら、細々ヨガを続けていましたが、習慣になるまでは至らず。(ただ、ヨガ後に他の運動では得られない幸福感や心がフラットな感覚を感じ、ヨガって何か不思議だな、運動だけではない何か、があるんだなと思っていました。)
数年前、自分の生き方に疑問を持つようになってから、
乱れる心と体を整える為に、ヨガへ傾倒。
心をコントロールをする為に、
そして、当時抱えていた悩みや苦しみから逃れる為に
救いを求めるようにヨガを続ける日々。
〜中略〜
そして現在、自分の物事の捉え方が変化したこともあり、あの時のような苦しみを感じることは少なくなり。
救いを求める為にヨガマットに立ち続けたあの日々から、自分を見つめ続ける毎日へと変化していきました。
なぜ今もヨガを続けているのだろう?
自問自答の末、見えてきたものを一言で言えば、
「自分に繋がり、知り、それを使い、生きるため」(一言じゃない)

ふう、さっぱり。

よろしくお願いします。


azusa

instagram → https://www.instagram.com/azusatateishi_/
azusa’s blog → http://azicoyoga.hatenablog.jp/