命の洗濯♨️


温泉が好きで、休みがうまく合えば温泉にでかけることにしている。

日々の生活で失われていく生気を取り戻すために、大地から湧き上がるエネルギーを全身で吸い取り充電する。
ここ数年の、温泉に対する感覚である。
温泉には地球のエネルギーが詰まっている。

温泉と切り離せないのが、各地の地酒だ。

その土地の米、水、空気でできた旨い酒。日本酒にも地球のエネルギーが詰まっている。

温泉に浸かり、日本酒を飲めば自ずと氣も満ちる。

もはやこれ無しでは生きていけない、と思うような歳になりつつあるのか、否か。

ふと思ったのは、温泉地での充足感が、ヨガをやり切った後の感覚に似ているということだ。実際、温泉に入るのは体力を消耗する。汗も大量にかく。湯上りの一杯と、ヨガの後の一杯は危険であるが最高である。

体の経絡を巡るプラーナ(氣)が、チャクラから出入りする様子は、まさに大地を巡る水脈が噴き上がる源泉と相似している。
温泉とは大地がヨガをする場と言っても過言ではない。

温泉地でヨガをすると、どんな相乗効果があるのか?今後の研究対象とすることにしよう。

温泉に出かけることのできない日常生活に於いては、ヨガによって自家発電することができるのも、ヨガをやることの恩恵といえる。



マサ