混乱というシード


昨日の講座でつくづく思ったのです。


人とのご縁を、継続させようとする必要はないのだ、と。





だれもが、そう。


必要なタイミングに、必要なことは、パーフェクトに起きている。


わかってもらおうとか、理解してもらおうとか、そういう、場を読み、場のバランスをとろうとする”スイッチ”(センサー)が、あぁ完全にOFFになったな、と、昨日の講座中にわかった。自分に繋がったままだな、と。


あぁそうか、と、昨日の講座で思ったのだ。





“その人” の中に、


何らかの”混乱”、が起き、


何らかの”気づき”、がうまれ、


何らかの”種”が、撒かれればいいのだ、と。


一期一会で、いいのだ、と。


必要なタイミングでご一緒し、


必要なタイミングで離れるのだ、


それでいいのだ、と。




ならば、

その一瞬一瞬に、

本気で関わりたい、と。

嫌われようが、どう思われようが、

私の本質に繋がった言動を、と。


(とてつもない愛がこもってますから!爆)







shiho