自分に似合うもの


タイトル、自分に似合う斧、と変換してしまい
自分に似合うもの、と慌てて直したのだけれど、
あながち、間違いではないかもしれない(そうなのか?)


突然ですが
自分に似合う帽子が欲しいなぁって思ったのです
私の「頭」は、ハチが張っていて、絶壁なもので、
帽子選びに苦労します
でも
かっこよく
自分らしく
被れるものって
絶対にあるはずなんです

同じく、わたくし普段はメガネをかけることがよくありますが、
そのメガネにしても、なかなか似合うものに出会えない

帽子とメガネ、
私がこの世にいる限り
ぴったりくるものがあるはずなのですが
なぜ、出会わないのか?
出会えないのか?

考えたら、この世界の端から端まで、探してみたことがない
ですから、見つからないのは当たり前なのかもしれません
何事も探さないと見つからないのはこの世の真理です



正直者のきこりは、女神の差し出した金の斧も銀の斧も選ばず、自分の斧を選びましたね
それはなぜか
自分の斧だから?
嘘をつくのは良くないと思ったから?
いや、自分に似合うと思っている斧だから???
なんちゃって
(無理矢理収めようとするのはどうかと思うよ、でもハプニングを楽しみたいんだもんという葛藤が表れておりますな)




「2018年は、大きな節目となりました。
自分に大きな変化があり、様々な場面と感情を体験して、たくさん時間を使いました。
1年前とは見ている風景がまるで違いますが、、、(色々な可能性と考えが頭に浮かび、この後に続く言葉が出てきません。)
しかし、淡々と毎日することは決まっていると同時に、変化し続けることを決めている自分です。
それでは。」



azusa

https://www.instagram.com/azusatateishi_/

http://azicoyoga.hatenablog.jp/



シェアする

フォローする