山本志帆だす。


あらゆる物質的なものへの価値観が変わってきて、モノを所有する、モノが充分にある、ことは大切なんだけれど、それが人生の幸福か?といったら、


NO。



特に、タダヨガを通して、私の物の見方・考え方は、アップデート(変わっていく)されまくっています。










私達に “プログラム” されていた、時代や社会の背景にある “常識”が変わるときが、くるのだなぁあぁあぁ、と、ヒシヒシ感じてるんですが、


“ヨガ”や、”意識” をアップデートする系の業界(なんやそれ)以外の人に話しても、なかなか共感されない。爆


わたしが、先行ってるのよ。
(自信)


いやいや、
わたしの、説明の仕方なのよ。
(爆)








お金は、
すぐには、
無くなりはしないけれど、




“物々交換” 的な原始的な、




エネルギーの交換システムは、
もう、早い人らはやっとるんですわ。




各々が持っている、




“エネルギー”(才・能) の交換が、




あちらこちらで、
当たり前になってくるんじゃないかな。




実際に調べると、もう、やってる人沢山いるしのぅ。






物質的なコノ世界で、




“モノ” を所有することだけでは、




もう、満たされない、ということに、
気づいた人間たちから、




生きる意味だとか、




幸せとはなんぞやとか、




めたくそ考え始めていてさ、




既存の社会システムから降り、




新しい生き方(価値観・システム)を、
創りはじめてる、よね。




特に、ヨガをしてきて思うことがある。




私達には、




不足するものはなかった、
(要は全部あった、自分の中に)




という事実気づくことが、
ヨガ、なんだけど、




これは、




真実なんだけど、




だからね、だからね、




不足はないんだから、




足りない足りないと、
足すんじゃなく、




不要なものを、
引くことで気づけるんす。ね。




それはさ、
この世界にも当てはまることなわけで、




もう、既にある 、




“エネルギー”
(ヒト・モノ・コト)を回せれば、




私達は生きていけるわけですね、




生活費のために、




仕事という人生の大半を費やし、




常に未来のために、




今を生きるのではなく、




今を生きるための、
○○を創りたいんでありんす。




わたくし、
創りたいんす。




今動いてるんす。
またまとまったら、UP。