わたしはだーれ?


あなたは誰ですか?

こんな簡単な質問に、あなたは答えられないことに絶句するだろう。


「私は〇〇という名前で、どこそこの会社に勤めていて、奥さんがいて、子供が何人いて、趣味はヨガで・・・・」

これはよくある自己紹介だが、本当の意味で、あなたを説明してはない。
名前は生まれてから付けられた呼称であって、あなたの本質ではない。

会社もあなたではないし、奥さんはあ なたではありません。
趣味もあなたではない。

「日本の柏市に住んでる男性です。」
「宇宙の中の太陽系の地球の・・・」
そうじゃない。
これもあなたがどこにいるかを表しているだけ。

「この体が私です。」
たしかにあなたの手はあなたの一部かもしれないし、あなたの髪の毛はあなたの一部かもしれないけど、それはあなたの本質ではありません。

あなたは誰?

何者?

試しに色々と考えてみてください。
これはどう頑張っても説明できない。

それはなぜか?

それはあなたを定義できるのは、あなたに関連付けされた「縁」だけだからで す。

あなたに関係のある事象を並べていけばあなたを説明できるけど、でもそれを並べたところで最後のピースが欠けている。
無限のピースが集まった巨大なパズルはほぼ完成していて、だいたいあなたの姿は分かるようになる。
でも一つだけ欠けている 。

パズルのピースのように縁っていうものはこの世に張り巡らされていて、その縁から隔絶されることは決してない。
何かがあれば、必ず何かとの関係性「縁」があって、それを表すピースがある。


じゃあ、私を私と認識しているこの私は何なの?となる。

実は「私は私」、と気づいているその気づきこそが「あなた」なんですね。


最後までぽっかりと空いたラストワンピースがその気づきなのです。
普段はそんなことを考えもせずに、なんとなく自分がいるように

感じているかと思うけど、本質的にあなたとは最後の気づきだけ。
それ意外は全てあなたに関連付けされ た縁。


たとえばこの宇宙全体を数字の1と表現したとする。
あ なたの気づきは宇宙のスケールからみても、0.00000・・・・・・1と

小数点の後ろにゼロが限りなく続く最後の無限に小さな1。

ここであなたをXとします。

1-xをすると、計算は簡単ですね。
この答は、0.9999999・・・・・・9

何かというと、あなたの気づき以外のすべての縁を表すと、このように0.99999・・・・となります。

で、この縁を仮にYとすると。
そうすると、「あなたは」=「あなたを定義するすべての縁(Y)」+「気づき(X)」と表現できる。


何が言いたいかというと、次の数式が成り立つということ。

1-x=y
1=x+y

これは何を意味しているのかというと、

宇宙=縁+気づき

ということを意味しています。

つまり、宇宙=あなた


あなたは宇宙であるということになります。



マサ