人類皆兄弟からのマジカルアイ

僕もあなたも皆同じ。
だから、他人を大切にするということは、あなた自身を大切にすること。

他人を傷つけるということは、結果的にあなた自身を傷つけるということ。

だから

あなたを大切にするということは、他人を大切にするということ。

なんだけど、ここの解釈が重要。

あなた自身を大切にするということと、自分のエゴで行動してしまうということは、全くの正反対の事でございます。

でも普段の生活ではこの単純な原理を忘れてしまう。

エゴを完全に捨てろとは言いません。
人類にエゴが無ければ、ここまで文明は発達しなかったでしょう。
文明がここまで発達したのが良かったのかはさておき。

ちょっと待ってください。
その最初の出だしから言ってることが分かりません。

という人のために説明申し上げます。

ここにAさんとBさんがいます。
全く別人ですね。
でも、この別人の定義は何ですか?

見た目が違う。
性格や考え方が違う。
生まれた時代も場所も違う。
といった感じですかね。

では質問します。
Aさんというのは、その肉体ですか?

-いや、肉体だけがAさんではありませんよ。

では、性格がAさんですか?

-まぁ、あの怒りっぽい性格はAさんの特徴だけど、それだけではなくて、
Aさんの記憶とかもAさんを定義づけする重要な要因だと思いますが。

すると、あなたがこの人をAさんとか、Bさんと認識するには、AさんやBさんの見た目と、その人が持っている性格やその人の記憶を頼りにしているということですね?

-恐らくそんなところでしょう。

では、AさんとBさんの性格や記憶をクリーンインストールして、まっさらな状態にした場合はどうでしょうか?
そして、見た目の特徴も無くしてみましょう。
すると、どうでしょうか。AさんもBさんも違いはないでしょう?

-確かにそうですね。その人の記憶も見た目もなくせば、AさんもBさんも同じでしょう。

これは、あなたにとっても同じ。
あなたから記憶をなくせば、もはや誰とも区別はつかない。

記憶も思考もなくしてしまえば、人はみんな一緒なんです。

あなたが今まで自分と思ってきたのは、これまでの経験や記憶であって、その経験や記憶が自分であると思うために生まれたエゴが「あなた」をつくる正体です。

いや、そんなの当たり前だろうとお思いかもしれません。

ですが、普段は忘れていませんか?

さて、瞑想とは、あなたを作り上げる記憶や思考の働きを低下させるメソッドでもあります。

で、思考の動きを低下させていくと、ある程度の所で脳内にオキシトシンが分泌されるという。

これね、オキシトシンが脳内にドバっと出てくると、自分と世界との境目もふわっと消えていって、自分と世界も同じという感覚になるんです。

感覚が重要。

それを感じること。
体感覚で、あぁそうなのかと気づく。
言葉での理解ではなく、感じることが重要なのです。

瞑想の感覚を感じてみるとどうなるか?
あなたも私も無く、さらにはこの世界とも同じという世界観に意識がアップデートされることになります。

で、毎日瞑想する必要もないんです。
ぶっちゃけると。

まずはこの世界観を体感することが重要なんじゃないかと、わたくしは思っております。

でもこれが面白いことに、得ようとすると得られないんです。

マジカルアイってやったことありますか?
どちらかというとあれと同じような感じです。

どう頑張っても見えない時は立体に見えない。

でも、ふとした瞬間に、目の前に違う映像が浮かぶ。

あれに似ています。

で、この感覚、マジカルアイの体感覚をいま、わたくしはここでお伝えしましたが、この感覚は、やった事がある人しか理解ができない。

言葉で伝えても、よくわかりません。
よね?下のマジカルアイについての説明を読んでみてください。

以下はwikipediaからの引用。

平行法の練習方法
1.目から力を抜きぼんやり見るような感じで焦点を画像より少し奥に合わせる。すると画像がぼやけて分裂する。(2枚の画像が4枚になる)

2.焦点を奥へ移動させてゆくと、分裂した画像がお互い中央に向かって重なってゆく。

3.左右2つの像がちょうど中央で融合する位置で焦点の移動を止める。

4.うまく重なるように焦点を前後に微調整する。成功すれば中央画像が立体的に見える。

2枚の画像が重なるまで目を画像に近づけてからゆっくりと引くと合わせやすい。

マジカルアイをやったことが無い人は、これを読んでも一体全体、謎そのものでしょう。何のことやら。

で、 いま気が付いたんですが、これすごく瞑想の説明に近いなぁ。
「目から力を抜いて」、「ぼんやり見るような感じ」とか。

話を少し戻しますが、マジカルアイが見えるようになればいつでも見えるようになるんです。

見えるようになったら、毎日練習しなくてもいいんです。忘れないんです。

一度自転車に乗れるようになったら、何年もの間乗らなくても乗り方を忘れることがないのと同じです。

瞑想も同じなんです。

なぜ自転車の乗り方を忘れないかというと、そういう神経回路が出来上がるからです。

何でも同じ。

まず、やってみないとわからない。

自転車に乗れるようになったからといって、競輪の選手になれるかというとそれは話は別。

何が言いたいかというと、とりあえず、瞑想を始めるということ。

まずはそこから。

マサ